ネット誹謗中傷と風評被害にどう対抗するか?

ネット誹謗中傷

インターネットによる誹謗中傷

普段何気なく利用しているインターネット。あらゆる情報がお手軽にあつまり、一人がスマホ1台を持つ時代となった今、ネットとリアルな生活はまさに融合しているといえるでしょう。

テレビとネットの融合という話もでていましたが、融合というよりは、今後はテレビ産業は衰退。インターネットで置き換わる時代になると予想されます。一方的に流されていた情報を、視聴者が選択して、ネットを介して情報を集める時代に変わるわけです。

Yahooニュースは、映像配信を始めていますし、TVの事件ごとのテレビニュースをコンテンツとして映像配信も始めています。

お茶の間にPM7:00に家族で集まって、番組を見るという次代は終わり、視聴者が、好きな時間に、好きな場所で、好きな端末で映像をみるそういう時代になったのです。

ネットでの報道の自由、言論の自由はどこまで許されるのか?

そのときに、表現の自由がどこまで保障されるのか?という問題に社会はぶつかってくると思われます。正しい情報とまた間違った情報をどのように区別して識別していくか?という能力も備えていかなく成ります。

今の時代、TVのニュースは自主規制が多く、ネットではより踏み込んだ情報がとれる時代となりました。犯人の氏名、職業などが流れなくても、ネットでは規制が少ないために、未成年であっても、犯人の情報はいとも簡単に流される時代となったのです。

ネット誹謗中傷対策と弁護士

誹謗中傷とは、まぎれもなく、事実とは反する情報がネットを介して、社会に拡散、流されることです。但し、新聞が必ずしも正しい情報を流していたというわけではありません。弱者である被疑者に対して、犯人と決め付けるような情報を流されて被害にあっていた方も多数降ります。さらに、インターネットでは、人を決め付けてしまい、情報は瞬く間に拡散される時代になりました。

ネット誹謗中傷対策をしないと、個人の情報や権利が侵害される時代になったのです。誹謗中傷 弁護士に相談、依頼して、事実無根の名誉毀損の訴えと、慰謝料獲得、発信者情報開示が行われる時代となりました。

誹謗中傷は、刑事犯罪なのですが一般的に匿名で行われることが多く精神的な被害が甚大です。さらに、誹謗中傷は、世界中に対して知らされていることになること、さらには、拡散され続けたり、データが完全に削除できない恐れがあるなど多くの危険と問題をはらんでいるのです。

インターネット時代の到来と共に、だれも加害者に成りうるし、あるいは、被害者に成りうる時代になったのです。但し私達は、ネットへの書き込みリテラシー教育をうけるわけではなく、だれでも自由に発言できる。そう思い込んでいるのです。

しかし、インターネットでそのような書き込みになれば、刑事事件になることを知りません。名誉毀損、プライバシー権の侵害など、多くの問題を引き起こすことをしらずに、気軽に行えてしまう。これがネット犯罪の難しさです。

弁護士によって、法的な手続きをとることで、初めて加害者側が自分が行った問題を認識することもすくなくありません。だから、私達は、どのようにして、そのようなネット誹謗中傷や風評被害、名誉毀損を減らすことができるのか考えないとならないのです。また、被害を受けた人は、誹謗中傷 弁護士に相談しながら、法的に対抗していく知識が必要となるのです。

個人は自分で自分を守らないとならなくなりました。法的な知識を備えて対抗していきましょう。