ネット誹謗中傷対策にはプロバイダ責任制限法がある

相談

ネット情報の問題点

インターネットを使って、様々な情報を発信している人は珍しくないと言われています。
情報を発信できるのが特定の集団だけだったときは、自分の情報が多くの人に知られることは少なかったでしょう。
いろいろな人が情報を発信できるようになった現在では、プライベートな情報まで広がりやすくなったかもしれません。

自分の情報がインターネット上に書き込まれても、あまり影響の無いものならいいのですが、そうでないことも珍しくないでしょう。

もし、他の人に自分の情報を書き込まれたら、誰が犯人か分からずに対応に困るかもしれません。
相手の顔が分かるまでは、周りの人が信用できなくなることも珍しくないです。
誹謗中傷で困っているなら、対策をする必要があるでしょう。

加害者情報の開示の有効性

ネット誹謗中傷対策の一つに、加害者側の情報を開示してもらうというものがあります。
プロバイダ責任制限法等を使って、正当な手続きを行うといいでしょう。
個人では難しいことが多いので、専門家に協力してもらうといいかもしれません。

インターネット上には様々な情報があるため、その中に自分の情報が存在すると恐ろしいでしょう。
プロの力を借りて手続きを行えば、インターネット上に書き込まれた情報を削除できたり、犯人が分かることもあります。
顔の見えない相手との戦いになるため、精神的にも辛いかもしれませんが、周りからサポートを得ながら対応してください。
適切な対応をしないと、余計悪化することもあります。

自分の個人情報を放置すると情報が一人歩きしてしまい、実生活にも影響を与えることも珍しくないです。
インターネット上に自分の情報が書き込まれたら、誹謗中傷に詳しい専門家に相談してください。

書き込みを見たときはショックを受けてしまうかもしれませんが、自分の名誉や権利を守るためにも行動しましょう。
精神的に落ち込んで自分で対処するのが難しい人は、誹謗中傷に詳しいプロに任せるのもいいかもしれません。